肖像写真


16世紀、フランドル派の画家ホルバインは、王室付き宮廷画家として、

威風堂々たる絶対君主ヘンリー8世の肖像画を描いた。その絵は今でもロ

ンドンの国立肖像画美術館に保管されている。秀逸なる技術を誇るマダム

タッソーの蝋人形師達は、ホルバインの原画をもとに限りなく忠実にその

威容を再現した。そして私は、ホルバインが王を描写していた時ルネッサ

ンスの光を研究した。こうして絵という唯一の記録方法によって伝わった

王の面影が、写真という代替え記録方法によって再現されもしこの写真に

写された人物が、あなたに生きて見えるとしたら、あなたは生きていると

いうことの意味を、もう一度、問い正さなければならない。





- 杉本博司