ジオラマ

 

1974年、ニューヨークに着いたばかりの私は、ニューヨーク見学を始めた。自然史博

物館にたどり着いた時、私はひとつの奇妙な発見をした。剥製の動物たちが書き割りの前

に置かれて、いかにも作り物に見える、しかしそれを片目を閉じて見た瞬間、遠近感が消

失して急に本物のように見えたのだ。わたしは、カメラのように世界を眺める方法を発見

した。どんな虚像でも、一度写真に撮ってしまえば、実像になるのだ。

 

 

- 杉本博司