恐怖の館
   
 

 

古代人にとっての「死」は、必ずしも現代のように忌み嫌われるものではなかったようだ。

神に捧げられる生け贄に選ばれることは栄誉でもあったし、死は苦渋に満ちたこの世からの

解放でさえあつた。

1994年、私はロンドンにいて、マダムタッソー蝋人形館を訪ねていた。そこには、ルイ

16世とマリーアントワネット王妃の首を刎ねたギロチンの刃や、リンドバーク子弟誘拐犯

を処刑した電気椅子、等が展示されていた。すべて実物である。私は文明のもたらしたそれ

らの殺人具に臨場感を添えるべく、現場証人視点的写真を撮ることにした。古代の人々がそ

うしていた様に、死は直視されなければならないのだ。

撮影を終えて数年後、再びここを訪れた時、恐怖の館の展示は撤去されていた。聞くところ

によるとポリティカルコレクトネスへの配慮からだという。現代人から「死」は確実に隠蔽

されつつあるのだ。

 

 

- 杉本博司