数理模型
 
 



ニュートンが先鞭をつけた数学的諸原理の探求の成果は、その後自然科学の多くの分野に受け継がれていった。19世紀から20世紀初

頭にかけて、幾何学的な対象の実体を見てみたいという欲求から、数理模型が石膏で作られるようになった。


私はコンピューターに数式を読み込ませて、最高レベルにある日本の工作機械とアルミ無垢材を使って、数式を眼に見える形にしてみる

という試みを行ってみた。

- 杉本博司